• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

(SS)大切なあなた②

こんばんは!

続きを持ってまいりました!

今日はもう寝ます←

パソコンで書いたのをここにペーストしてるんですが、勝手が違うらしく、書式とかが統一できません・・・

すみません(>_<)

それでもよろしければお付き合いくださいませ!

 

 

 

 

****************

 

 

 

「じゃあ、姉さん行ってくるね。」

「青慎、勉強頑張るのよ!姉さんも頑張るからね!!また帰ってくるから。」

「うん、ありがとう。姉さんも身体大事にしてよ。」

「ええ!私は丈夫だけが取り柄だもの!気にしないの!じゃ、もう遅刻するわよ!夕餉は作っておくからね。行ってらっしゃい!」

 

青慎を学問所へ見送ってから青慎の為に夕餉を作った。と言っても、気が付くとほとんどが陛下の好物ばかりだったけれど。

出来上がると急いで包んで家を出る。

 

____約束だもの。早い方がいいわよ、ね?

 

言い訳めいたことを考えたけど、実際王宮での暮らしが長くなってきていて、陛下の気配がないのを寂しく感じていた。

 

____バイトが終わったら、私、大丈夫かしら?

 

先のことを考えてちょっと悲しくなってしまう。でも今はそれよりも約束だ。

陛下が待っていてくれるのならば急いで帰りたい。

王宮への道を急いで歩いた。

 

 

「え?どうされたんですか?」

 

老師のところで妃衣装に着替えて回廊に出ると侍女さんたちが今か今かと待ち受けていたようだった。

 

「お妃様、お待ちいたしておりました。さ、さ、お急ぎくださいませ。時間があまりありませんので。」

 

どういうことだろう。確か陛下は日没までにと言ってたはずだ。まだ日没までには時間があるし、予定よりも早く帰ってきたのに。

 

____何か予定が入っていたかしら?

 

考えてみるものの何も思い出せず、取り敢えず侍女さんたちの成すがままに任せた。

 

部屋に戻ると見たことのない衣装に宝飾品が並んでいた。

 

「こ、これは・・・?」

 

なんだか心もとないほど胸元も開いてるし、脚も透けて見えそうな衣装だ。

 

「お妃様、陛下より本日の夕餉はお妃様と共に召し上がるとお聞きいたしました。その時にこれを、と陛下から仰せつかっております。」

「へ、陛下が・・・。あの、ですが、少し派手ではないでしょうか?」

「いいえ!!お妃様の為に陛下が内緒で新調したものだと聞き及んでおります。御寵愛の表れですわ。本当に私どもも感激いたしました。」

 

侍女さんたちは目をキラキラさせて胸の前で手を組んで頬を赤らめて力説する。

 

「あ、あの、その、・・・あ、ありがとうございます。で、ではお手伝いをお願いできますか?」

 

そう言うと侍女さんたちは満面の笑みを浮かべ、嬉々として私を飾りだしたのだった。

 

 

 

 

 

「妃よ、今戻った。」

「へ、陛下、お帰りなさいませ。」

「ふっ、昨日は君の笑顔が見られず此処はまるで極寒の地の様であった。やはり君がいるだけで暖かく感じるな。」

「あ、ありがとうございます。わ、私も寂しゅうございました。」

「して、妃よ。」

 

じっと陛下が見つめてきた。居たたまれないわ。きっと似合ってないもの。

 

「とても・・・美しいな。気に入ってくれたか?」

「あの、その、とても綺麗で。あの、似合ってますでしょうか?慣れなくて・・・。」

「とても似合っている。」

 

そう言うと美しく笑い手を差し伸べてきた。

 

「では、共に夕餉を。」

 

陛下の手に自分の手を重ねると急に視界が揺れた。

気が付くと陛下の腕の中に抱き上げられている。

 

「へ、陛下、あの何を・・・。」

「いや、少し移動するのでな。妃も帰ったばかりで疲れているだろうから労わらなければ。」

「いえ、あの陛下もお仕事でお疲れでしょう?私は大丈夫なので降ろしてくださいませ。」

 

侍女さんたちの手前暴れることができないのをわかっていて楽しそうに抱きしめてくる。

 

「ふむ。だがしかし妃よ。こうしている方が温かい。離れていた間の分も温めて欲しいのだが。」

 

美しい笑顔に寂しさを湛えた瞳で告げられては太刀打ちできない。

そんな風に色気を撒き散らさないでほしい。

 

脱力した私は結局陛下に抱きしめられたまま移動することになった。

 

移動した先は回廊の少し張り出した所で。満天の星空が見えていた。

陛下は私を降ろすと侍女さんたちを早々に下げた。

 

「ね、ゆーりん、寒くない?大丈夫?」

「はい、大丈夫です。火鉢もありますし、暖かいですよ。それよりも、これはどうしたのですか?」

 

いつもはこの場所にはない卓にはお皿が並べられていて、お酒や飲み物まで用意されている。ただの星見ではないのかしら?

 

「あー、うん。今日ね、新月で月がないから星が綺麗でしょう?周が、今夜は流れ星が多いって教えてくれたから、一緒に見たいなと思って。」

「それで早く帰るように仰ったのですね。ありがとうございます!!絶対流れ星を見つけて願い事をしましょうね。」

 

そう言うと陛下はキョトンとした。

 

「あー、そっか、願い事かあ。したことなかったな。」

「じゃあ、今日、初めてですね?楽しみですね。では、早速夕餉の準備をしますね。早く食べてのんびり星を眺めましょう!」

 

そう言ってお土産に持ってきた食べ物を卓いっぱいに並べた。

 

「わあ、すごいね、ゆーりん。がんばったね~。」

 

にこにこと子犬の笑顔を向けてくれる。この笑顔が見たくて頑張ったのよね。

 

「はい!こちらではあまり作る機会がないので、陛下が以前美味しいと言ってくださったもの中心に作ってきました!どうぞ。」

 

そうして二人きりの星見の宴が始まった。

 

陛下は何度も「美味しいね、美味しいね。」と言いながら、結構な量を全て平らげてしまった。本当に作り甲斐のある方なのだ。ちゃんと褒めてくれる、それが嬉しくてまた作ってしまう。

料理をする妃なんて駄目なんだろうけど、この笑顔がもらえるなら、後ろ指さされてもいいと思う。

 

料理も全て食べ終わって、食器は下げてもらった。

 

二人で長椅子に座って空を見上げ、下町での他愛のない話をしながら流れ星を待った。

 

「あ!そうでした!陛下に、もう一つお土産があるんでした。」

 

懐から包みを取り出し一つを陛下に差し出した。

 

「え?どうしたの?お土産ならさっき食べたけど。」

「いえ、これは、その、食べ物ではなくてですね。あのいつもお世話になっているのでお礼にと思いまして。」

「へ?お礼?なんで・・・?」

「あ、いや、その~、珍しかったので。あ、私には!ですよ。陛下は御存じなのかもしれませんが。あの・・・。」

 

陛下が包みを見つめたまま固まっている。もしかして失礼だったかしら。私ったらただの臨時花嫁なのに陛下に贈り物なんて・・・。顔から血の気が引いてくる。

 

「あ、違う!ゆーりん、嫌とかじゃないから。」

「いえ、あのすみませんでした。私、出過ぎたことを。ただの庶民が陛下にお礼とはいえども品を差し上げるなんてずーずーしいにも程がありますよね。すみませんでした。」

 

差し出した手をひっこめようとしたら陛下の手がすっと伸びてきて引き寄せられ膝の上に誘われた。

 

「へ?あの、その・・・へ、陛下?」

「いや、夕鈴、ごめん。いやじゃないよ。ただびっくりしたんだ。」

「・・・?」

「今日、さ。実はね、僕の誕生日なんだ。」

「え?え~~~!それならそうと、って言うか誕生日に庶民料理ってどうなんですか?すみません、もう何から何まで。私、何も知らなくて。」

「うん、誰も知らないと思うよ。公表してないし。めんどくさいよ。」

「めんどくさいって、陛下。本当なら民も総出でお祝いするところではないのですか?」

「うーん、それがめんどくさい。即位してから何もしてないし。」

 

そういえば陛下の代になって王の誕生日のお祝いのお祭りはなかったっけ。先代の時は町に活気はなかったけれど、王の誕生日には彼方此方で特売があったりして張り切ったものだったことを思い出す。

 

「じゃあ、なおさら、こんなもの差し上げるわけにはいきません!見なかったことにしてください!!」

 

陛下の膝の上で暴れて隠そうとした私の腕をつかみ包みを奪い取ると蕩ける様な笑顔で笑った。

 

「ううん、夕鈴、嬉しいよ。君が僕のことを想って選んでくれたのだろう?離れていても私のことを考えてくれていたとは、感無量とはこのことだな。」

「~~~~~今演技は要りまっせ~ん!!!」

 

ぎゅーっと抱きしめてくるのを少し追いやる。心臓に悪いからやめて欲しい。

 

「はは、そうだね~。ごめん、ごめん。」

 

そう言いながら包みを開ける。中からコロンと根付が出てきた。

 

「これ・・・根付?」

「は、はい。あの、剣の柄に付けても大丈夫かと思いまして。その、王宮では無理だと思うのですが、何処かお忍びの時にでも付けていただけたらと・・・。」

 

言いながら顔がだんだん熱くなるのを感じる。取り敢えず、さっさと説明して、要らないなら返してもらおう。

 

「それで、その琥珀が付いていたので。あの、陛下と同じハクだから、王宮では特別な石だと李順さんから聞いていたので。それに、鈴が、あの特別な硝子でできているそうで初めて見たんです!」

 

そう言われて根付を見遣れば確かに珍しい鈴だった。でもそれだけじゃない。夕鈴、君ってホント恥ずかしがりだよね。

 

「確かに珍しい鈴だね。で、ゆーりん、それだけ?」

「いや、あの、その~~~//////。」

 

どうしても彼女から聞きたくて甘えた声を出してみる。

 

「・・・。」

「~~~あの!一緒についてる細工、兎なんです!!陛下、私の事兎みたいって仰るからですね、その~~~/////。」

 

ふふ、可愛いな。耳まで真っ赤だ。

 

「そっか。ありがとう!大事にするね。いつも夕鈴と一緒みたいで僕嬉しいよ。で、もう一つの包みは何が入ってるの?」

「あ、こ、これはですね、簪なんです。本当はこっちがメインで。そっちはオマケなんです。そんなもの陛下の御誕生日になんて、本当に申し訳なくて・・・。」

 

目をウルウルさせてお嫁さんが言う。こんなに可愛いなんてずるいよ。

 

「いや、大事にするよ。夕鈴の気持ちが嬉しいんだ。ね?気にしないで。そっちも見せてよ。」

 

そう言うと包みをおずおずと開けて中身を取り出し見せてくれた。

 

「あ、れ?これ・・・?」

「はい、私のは陛下の即位記念で作られたものなんだそうです。それで、いつもは贅沢品は買わないのですが、つい・・・/////。」

 

装飾品を贅沢品だと言う君がつい買ってしまった簪。

それが僕に纏わるものであったことがこんなに嬉しいとは。

どこまで君に溺れているのやら。そんな自分に苦笑してしまう。

 

「では、早速。」

 

君の手から簪を抜き取るとすっと髪に挿した。

 

「うん、とっても似合ってるよ。僕の物って印みたいだね?」

 

夕鈴自らが僕を思い出す品を選んでくれたことが嬉しい。今日、それがもたらされたことが本当に奇跡の様で。

 

「あ、ありがとうございます。あの、そんなに見つめないでください。恥ずかしいです!」

「ふふ、嬉しいんだ。せっかく夕鈴を愛でようと着飾らせたのだからいいだろう?」

 

そう言うと更に真っ赤になって俯いてしまった。

 

「あの、だからこの格好なんですか?」

「うん、綺麗な夕鈴を見て楽しもうと思って。本当は誕生日なんて言ったら驚くだろうから内緒にしておくつもりだったんだけどね。夕鈴があんまり可愛いプレゼントをくれるから、つい話しちゃったよ。」

 

話しながら自分の刀剣の柄に根付を付ける。

 

「うん、ほら、いい音だね。御揃いだ。」

「へ、陛下!陛下には似合わないです。あの、李翔さんの姿の時にでもと・・・」

「え~、ゆーりん酷いな。僕には君を思い出す術をくれないの?」

「だって、李順さんに・・・。」

「じゃあ李順が何も言わなきゃいいんだろ?それまで付けておく。ね?そうしよう。鈴の音が鳴るたびに夕鈴を思い出せるね。これで政務も頑張れるよ。ね?」

「~~~はい、わかりました。付けてくださって、とても嬉しいです。」

 

頬を染めてふわっと笑う君をまた腕の中にぎゅっと囲い込んだ。

 

「~~~////。」

「あ!ほら、夕鈴!流れ星だよ!!」

 

腕の中の兎が逃げ出さない様に話を逸らす。

 

「あ!本当ですね!早く願い事をしなくちゃ。あ!また流れました!」

 

二人で寄り添って夜空を見つめる。願うべくは。

 

 

 

『ずっと君が傍で笑っていてくれますように。』

 

 

『ずっとあなたが幸せでいられますように。』

 

 

 

『大切な貴方(貴女)』

 

 

 


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する