• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

鬼畜会長シリーズ ~秘蜜の契約 2~


続きです。

 

前回のお話を読んでドン引きされた方はバックしてくださいね。

 

こんな会長たまりません!という方は是非応援コメントください←

 

皆様に支えられて会長は存続しております( *´艸`)

 

 

 

【まんまるこへの本日のエロ妄想お題】 
 

「図書館にて」
「もっとちょうだい」
「淫靡な笑みを浮かべて」

 

 

 

***************


 

 

「あわわわわ!!」

 

見れば見るほど綺麗な顔に恐ろしく美しい笑顔を浮かべ私をじっと見つめながら近づいてくる会長に背筋がゾクっとする。

 

「な、な、何のことでしょうか?」

 

震えながらも取り敢えず誤魔化そうと無理やり笑顔を作りつつ立ち上がり後ずさった。

 

「あんな本ってどんな本?」

「どんな本ですかね?」

「君は知ってるでしょう?」

「な、何のことでしょうか?」

 

噛み合っているようでそうでない会話をしながらも会長は一歩一歩夕鈴に近付く。

 

「・・・ほら、やっぱり僕の事でしょう?」

 

後ずさりしてはなれたPCの貸出画面を覗き込みながら整った笑みを崩さずにそう言う会長は妖しすぎるくらいに美しく目が離せない。

 

「っ!や、やだ!」

 

そうこうしているうちに距離を縮められ手首を掴まれた。

 

「は、離してください!」

「無理。」

「どうしてですか?」

「限界だから。」

「な、何がですか?」

「我慢が。」

「何を?」

「女。」

 

・・・女?

・・・お、ん、な?

 

「おおおお、女~?なんですかぁ、それは!」

「君ね、ここ何処だか知ってる?」

「図書館に決まってます。」

「ここね、寄贈したの、うちなんだよね。」

「何の関係があるんですか?」

「うん、大あり。ここ、僕の遊び場だから。」

「はぁ?って、ちょ、ちょっと、やめてください!」

 

会話している間にも会長に肩を押され気が付くと机の上に押し倒されていた。

 

「ど、どういう・・・っ」

「うん、だから、ここで僕いつも楽しんでたんだ~。」

 

満面の笑みを浮かべているのにちっとも笑っていない瞳に見据えられ背筋がゾクっとして全身が震える。

青褪めて歯がガチガチと噛みあわない間にも会長は自分のネクタイを抜き取る。

 

「本当に、君って邪魔だよね?」

 

そう言うと手慣れたように私の両手を捕まえ、いとも簡単に頭の上でネクタイで一括りにした。

 

「ああ、僕、こんなの初めてだけど。嫌がるのを御するのも楽しいね。ぞくぞくするよ。」

 

嬉しそうに目を細めて舌なめずりする様はいつも見る清廉潔白な生徒会長とは全く違っていて。

恐怖心のその奥で妖しい美しさに心を奪われそうになる。

 

「さぁ、楽しませてもらおうか?」

 

会長は淫靡な笑みを浮かべて私の上に覆いかぶさってきた。

 

 

 

つづきはこちら

 

**************


スポンサーサイト

コメント

来たー(≧∇≦)待ってました!
会長をお支えするファンの一人です。えっリクがあるから先に転載?リク主様に感謝ですね…!←

清廉潔白な生徒会長が実は女タラシ。家柄、頭脳、容姿全て揃ってるのに闇を抱えたヒーローが、普通の女の子に惹かれて恋に堕ちていく過程がエ◯を交えて鮮やかに描かれた名作。
便宜上まんまるこ様は鬼畜と呼んでおられますが、鬼畜どころか愛を知らなかった悲しくてピュアな御方。
って会長の魅力を語れば1本記事を書けそうな程ですよ…!←どんだけ

続き、楽しみにしております(*ノωノ)
さり奈 様

       ↑
ええ、ええ、リク主様に感謝です(*‘ω‘ *)

さり奈さんの会長への愛が溢れるコメントに朝から身もだえました←
さすが!よくわかっていらっしゃる!!
そうなんです!!ただのEROではないんです!!
溺れていく過程を楽しむお話!それが鬼畜シリーズ!!
会長を癒すのは堕とされた夕鈴にしかできません('◇')ゞ

おまちくださいませね(●´ω`●)

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する