• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

(SS)除夜の鐘に想う

こんばんは!

まんまるこです!!

実は去年、某国で年末SSを書いてまして。

 

せっかくなので持ってきました!

せっかくなので路地裏付きのロングバージョンです!!←オイッ

 

今年はブログをはじめて、上京してまでの初めてのオフ会参加! 

とても楽しい一年でした。

まぁ、辛いこともありましたが、いつも仲良くしてくれる方々に沢山お話を聞いてもらって、励ましてもらって、本当に友達って大切!って思いました!

 

心当たりのあるそこの皆さま!

今後とも、まんまるこ、書けよ、おいっ!っと叱咤激励をよろしくお願いします。

そして、交流はないけれども、こちらを訪れてくださる方々!

こんな気まぐれブログに来てくれて、本当にありがとうございます!!

来年はもう少し頑張りたいと思います!!

皆様の足跡にとても元気づけられています(●^o^●)

 

では、お話の方・・・

いってらっしゃいませ!

 

 

【本誌沿い】

【本物夫婦】

【最後に路地裏への扉を設置】←R18です若いお嬢様は回れ右ですわよ。

 

 

 

****************** 

 

 

 

 

 

 

ふと目が覚めた____。

 

常夜灯のおかげでどうにか自室にいることがわかる。

シンと冷えた空気に、夢で見た光景がよみがえる。

隣にあったはずの温もりが冷えて、さぁっと血の気が引く音がする。

鼓動が早くなって、息が苦しくなって、目がチカチカしてきた。

苦しい、辛い、寂しい・・・。

負の感情が全てを支配して、闇に飲み込まれる。

 

____ごーん・・・。

 

少し遠くから響いてきた鐘の音にぎゅうっとなった心臓が命をふきかえした。

 

そうだった____。

 

陛下は除夜の鐘の最後の一打を打つ為に1人向かわれたことを思い出す。

 

「ごめんね。これは正妃以外の妃とは出来なくて・・・。」

 

そう言って本当に申し訳なさそうに何度も謝る陛下の背を押したのは数刻前。

本物の妃になって、陛下は以前よりも色々な事を隠さずに教えてくれていると思う。

その一つがどれだけあるのか分からないほど沢山の行事だ。

偽物だった時は殆ど声を掛けられなかったのだというくらいに多い。

その中でも、私が陛下と共に行えるのはほんの一握りで、殆どは御正妃様の仕事らしかった。

正妃不在の場合はその時の王が指名する妃でも良い、とされる簡素な物だけだ。

本物の夫婦になって寝食を共にするようになってから、陛下は包み隠さずに一日の予定を教えてくれる。

変な誤解をされて、家出されたら今度は生きていられないと思うから、なんて良く分からないことを言いながら。

でも、正妃でなければ参加できない行事の時は、今日の様に何度も謝って来るから、正直困ってしまうのだ。

 

寂しいことは寂しい。

いつか来るだろう御正妃様の影に背筋がゾクっとすることも一度や二度じゃない。

けれども、何より気になるのは陛下に謝らせてしまっている自分自身だ。

正妃になれないのは私の問題であって陛下のせいじゃない。

私にはまだまだ足りないことが沢山あることもわかっている。

納得して、覚悟してここに居るのに、優しあの人はいつもごめんねって言ってくれる。

嬉しいけど、甘えたいけど、私は陛下の味方でいたいのであって、陛下の与えてくれる物に浸かってぼけーっと過ごしたいわけではないのだ。

 

昔の記憶に囚われてる場合じゃないわ!

 

そう思い直し、寝台の上で握り拳を振り上げた時だった____。

 

「夕鈴、まだ起きていたの?」

 

優しい声が暗闇の向こうから降って来た。

 

「っ!へ、陛下!お帰りなさいませ!」

「うん、ただいま!どうしたの?先に寝ててって言ったのに。」

「いえ、今さっき起きちゃったんです。偶然陛下をお迎え出来て良かった。」

 

そう言って寝台から下りようとしたら、陛下が大股で歩いて来て、ギュッと強く抱きしめられた。

抱き締めてきた腕から冷えた空気が伝わって来て、外が相当寒かったことに気が付く。

 

「陛下、すんごく冷たいですよ?お茶でも入れましょうか?」

 

そう言ったのに、陛下は私を抱きしめたまま黙って首を左右に振るだけで。

だから、私も少しでも温まるといいと思って背中に手を回す。

 

「陛下、お疲れ様でした。除夜の鐘の音、ここまで聞こえましたよ。心が澄んでいくような、不思議な感覚ですね。」

「ああ、そうだな。だが、煩悩とはそう簡単に無くなる物ではない。」

「・・・そりゃまぁ、そうかもしれませんけど。108個は流石に無いでしょう?」

「・・・。」

「・・・え?陛下?」

「・・・ある。」

「ええ!陛下108個もあるんですか?」

「あるにはある。」

「ええ~。凄いですね。もしお疲れじゃなければ教えてください。」

「夕鈴眠いんじゃないの?」

「いいえ!さっきまで寝てましたから。変な時間に起きてしまって逆に目が冴えてしまいましたよ。」

「そう?じゃあ話すけど。夕鈴煩悩をなくすために協力してくれる?」

「私が、ですか?」

「うん!夕鈴じゃないと恥ずかしくて無理だよ。駄目?」

 

寝起きに子犬はやめて欲しい。

さっきまで暗い感情に支配されていたから尚更心の柔らかい場所に踏み込まれてしまう。

 

「駄目じゃありません!協力します。」

「そう?じゃあ言うね。」

 

そう言って笑った陛下の瞳はいつもよりも紅く光り輝いていたのだが、抱きしめられていた夕鈴は気が付かなかった。

それよりも、言うために寝台に向かい合わせに座った陛下の熱が離れたことの方に気を取られていた。

 

 

 

 

 

 

 

「では、どうぞ?」

 

寝台の上で背筋を伸ばし真剣な眼差しで促す夕鈴を黎翔は内心かかったとほくそ笑んでいた。

 

「じゃあ、まず一つ目ね。たまには夕鈴から抱きしめられたい。」

「え?ええ?そ、それは・・・」

「駄目?」

 

夕鈴が弱いと知っている子犬を強調してお強請りしてみる。

あと107個もあるんだから、最初が肝心だ。

目線を右往左往させて本当に可愛いし、今すぐに齧りつきたいが、ここは我慢だ。

 

「だ、駄目じゃない・・・です。」

 

そう言うとすっと近づいて来てぎゅうっと抱き付いてきた。

ああ、可愛い。温かい。

夕鈴の匂いに理性がグラつくがやっぱり我慢だ。

 

「ふふ。ありがとう。嬉しいな。じゃあ二つ目ね。二つ目は、たまには夕鈴におでこにちゅうされたいな。」

「へ?また私ですか?な、な、な、なんで?」

「なんで?って僕の煩悩なんて夕鈴のこと以外ないに決まってるでしょう?君の事ならば際限があるわけもない。」

「いや、あの、意味が良く・・・?」

「で、してくれる?」

「え?でも、これは、その。」

「約束、したよね?夕鈴約束破るの?」

 

殊更『約束』を強調する。

実直がモットーの彼女ならばここまで言われたらできないとは言わないと分かっていて。

 

「や、や、や、やりますよ!やりますとも!!やり遂げて見せます!!」

 

鼻息荒くそう宣言する様はちっとも艶っぽくなんかないけど、それもまた可愛いんだから仕方ない。

大体艶めかしくするのは僕の仕事で、僕の前だけでいい。

理性が飛んでとろんとした瞳で僕を見つめる夕鈴を想像しただけである場所がドクンと熱を持つ。

 

ちゅっ____。

 

そんなことを考えている間に夕鈴が近づいて来て、口付けられた。

ああ、そんなに真っ赤に染まって、全身が桃色で僕を誘っていることを知らない。

 

「次行きましょう!次!!」

「三つめは、夕鈴に瞼に口付けられたい。」

「いいですよ!口付けならどんな場所でもどんとこいです!」

 

胸をドンと叩いて肩に手をのせて近付いてくるから瞳を閉じて待ち受ける。

瞼の裏には夕鈴の痴態が色鮮やかに浮かび上がって辛い。

彼女は今言った言葉が後でどうなるか分かってないのだろう。

伝えた時の驚きの表情と、それをして貰った時の快感を想像するとイキそうだ。

 

「四つ目は鼻で、五つ目は頬ね?」

「はい!」

 

ちゅっ、ちゅっ____。

 

慣れて来たのか連続で頼んでもすんなりしてくれた。

こうして麻痺させているのに気が付かない所が本当に可愛くて仕方ない。

でも危なっかしくてほっておけない。

 

「六つ目は・・・口。」

「く、く、く、・・・。はい・・・。」

 

桃色だった肌を更に紅くして、震えながら近づいてくる可愛らしい唇に、噛みつきたいのを堪えて待った。

 

 

 

 

**************** 

 

 

続きはこちら! → 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

あけおめ!
…になって、しまいましたけど。

昨年は本当にお世話になりました。
心当たりその二?の私ですが(笑)
こちらこそ愚痴も悩みもさんざ聞いて貰いました(汗)
でも、それ以上に楽しい話も沢山出来たんで、人生万事塞翁が馬よねっ⁈

それにしても、まんまるこさん家のご夫婦は、相変わらず素敵にドキドキします❤︎
もう、煩悩の数も勝手に増やしときなさいよ←
novello 様

あけおめ!ことよろです!
今年も散々くだ巻きますが、よろしくおねがいします!!
持ちつ持たれつ楽しく参りたいと思います!

しかし、あれ書かないとそろそろ間に合わないなぁ。ね?

煩悩がこれで消えるとか、まずないと思いますよね?
陛下だから〜♪( ´▽`)
夕鈴に関しては底のない陛下が大好きです!
常に全力で行くがよい!!!←何様

コメントありがとうございます!
あう…まさかの寝落ちでコメ遅れました(´Д` )

改めまして明けましておめでとうございます!
心あたりその三!
いつも愚痴聞いてくれてありがとうございます〜(>_<)
今年もいっぱいご迷惑おかけします←

陛下の煩悩は尽きないんですよね。でもそれを隠さないで堂々と夕鈴に見せるのがまんまるこさん宅の陛下!色気タップリで蠱惑的な陛下を、今年も沢山読ませて下さいね〜!
さり奈様

あけおめことよろ!
コメントありがとうございます(//∇//)
こちらこそ、愚痴や変なつぶやきに付き合って頂いてありがとうございます!
これからもよろしく(°▽°)←

そういえば本誌の陛下は隠してますよね〜。
飢えてるのはバレてるのに、さっさとぶつけちゃえばいいのにね〜。
夕鈴はそんなに弱くないのに←意味がちがう

これからも我慢できない陛下でがんばります!(((o(*゚▽゚*)o)))♡

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する